フレッツ光ネクストのハイスピードタイプを使っています。

安定している

利用料も高くない

サポートが丁寧

IPV6対応で可能性が広がる

などが、良いところです。

9月から、Yahoo BBのIPV6機能に変更の予定です!!

キャンペーン使えば、なおお得です。

おすすめキャンペーンは?

2013年09月26日

[NTT東日本 フレッツ・スポット] 宮城県のセブン-イレブン 石巻鋳銭場店など60か所で新たにサービスを開始

光ファイバーの最新情報を探しました。

もっと快適にインターネットを!!

今よりもリーズナブルに!!

 NTT東日本は、宮城県のセブン-イレブン 石巻鋳銭場店など60か所で新たにフレッツ・スポットのサービスを開始した。

 詳細は以下のとおり。

<セブン-イレブン>
■宮城県
●石巻鋳銭場店、 仙台沖野小学校前店

■福島県
●福島泉店

■茨城県
●取手戸頭3丁目店

■栃木県
●鹿沼奈佐原店

■群馬県
●高崎倉賀野町下町店

■埼玉県
●川口上青木5丁目店、 久喜駅東口店、 岩槻加倉店、 さいたま堀の内3丁目店、 さいたま佐知川店、 さいたま西遊馬店、 浦和大間木店、 戸田新曽芦原店、 羽生東5丁目店、 吉川木売2丁目店

■千葉県
●多古十余三店、 新鎌ケ谷北店、 佐倉染井野3丁目店、 館山城山公園店、 千葉作新台4丁目店、 東金インター店、 流山三輪野山4丁目店

■東京都
●豊洲駅前店、 渋谷恵比寿1丁目店、 渋谷3丁目明治通り店、 渋谷3丁目六本木通り店、 高田馬場4丁目店、 世田谷駒澤大学南店、 秋葉原昭和通り店、 日の出大久野店、 八王子長沼東店

■神奈川県
●厚木山際店、 綾瀬工業団地店、 綾瀬深谷南1丁目店、 相模原城山川尻店、 秦野鶴巻店、 藤沢本町2丁目店、 横須賀米ケ浜店、 BrilliaCity横浜磯子店、 新横浜1丁目店、 横浜十日市場東店

■新潟県
●柏崎若葉町店、 三条新堀店

■山梨県
●甲斐長塚店

■長野県
●飯山秋津店、 信州中川村店、 木曽上松寝覚店、 長野豊野石店

<ケンタッキーフライドチキン>
■宮城県
●大河原店

■東京都
●イトーヨーカドー葛西店、 ジョイフル本田瑞穂店、 ひばりが丘店、 光が丘店、 くるる府中店

■神奈川県
●イトーヨーカドー川崎港町店、 イオン久里浜店

<カフェ・ド・クリエ>
■東京都
●新橋烏森口店

■神奈川県
●2ピースカフェ キュービックプラザ新横浜

<ミスタードーナツ>
■東京都
●立川南口ショップNo.0481
(この記事はIT総合(RBB TODAY)から引用させて頂きました)



インターネットをもっと快適に


フレッツ光ファイバーのキャンペーン情報



パソコン初心者におススメ。使い方ブログ。


ぱそチョコ


パソコンで役立つクチコミ情報


パソコンのクチコミ情報

1G対応のルーターに関してです。 引っ越しを機にフレッツ光隼に変更しましたが、無...

光ファイバーのQ&Aを探してみました!!

1G対応のルーターに関してです。
引っ越しを機にフレッツ光隼に変更しましたが、無線の速度が遅くなってしまいました。
NTTに問い合わせたところ、ルーターが1G対応ではないため、無線の速度が出ていないということでした
(無線の速度は10〜20Mbps程度)
これを機にルーターを買い替えようと思いますが、初心者のためどれを選ぶのがいいのかよくわかりません。
有識者の皆さまアドバイス願います。

ルーターはアクセスポイントとして使用します。
速度は60〜70Mbps程度出てくれれば満足ですので、最新型を買う必要もないかなぁ。。と
接続する機器はノートPC3台,kindle(タブレット端末)2台、スマホ1台、PS3の計7台です。
家は鉄筋の2階建で上記の機器は1階と2階で使用します。
バッファロー(接続が簡単?なので)
NEC(電波が強い)などが候補でネットの情報を調べていますがよくわかりません。
予算は1万くらい(最大1万5千円くらい)で考えてます。どうぞよろしくお願いします。

WZR-300HP


- 回答 -
光ネクスト隼で回線速度を上げるには1Gbps対応の無線LANルーターとPS3の内蔵無線子機は最大54MbpsなのでPS3には最低でも300Mbps対応の無線LANコンバーターを使用してください。

お勧め
NEC
AtermWR9500N イーサネットコンバータセット PA-WR9500N-HP/E
http://kakaku.com/item/K0000295969/
NEC
AtermWR8750N イーサネットコンバータセット PA-WR8750N-HP/E
http://kakaku.com/item/K0000330796/

安い組み合わせ例
NEC
AtermWR8370N PA-WR8370N-HP [ブラック]
http://kakaku.com/item/K0000158007/

PLANEX
MZK-MF300N2
ルーター/アクセスポイント/コンバーターとして使える1台3役のIEEE802.11b/g/n対応無線LAN ルーター
http://kakaku.com/item/K0000233646/

※鉄筋の場合は電波が乱反射して速度が出ない場合が有ります。


WZR-300HP は有線スループット151/131Mbpsと言う性能なのでお勧めできません。
http://buffalo.jp/product/wireless-lan/ap/wzr-300hp/#feature-2

(この記事は「Yahoo知恵袋」より引用させて頂きました)



インターネットをもっと快適に


フレッツ光ファイバーのキャンペーン情報



パソコン初心者におススメ。使い方ブログ。


ぱそチョコ


パソコンで役立つクチコミ情報


パソコンのクチコミ情報


タブレットからいつでも自宅や会社のPCにアクセスできる、すごいヤツ――リモートデスクトップ「Splashtop」

光ファイバーの最新情報を探しました。

もっと快適にインターネットを!!

今よりもリーズナブルに!!

 「外出先から、自宅や職場のPCを操作できたらいいのに……」。タブレットを使っていて、そんな風に思ったことはないだろうか。自宅のPCに保存したアイデアメモを職場から見たい、会社のPC内に置いてきてしまった見積書を出先で確認したい、職場のPCにインストールしてある業務アプリをスマートフォンからリモート操作したい――。そんなことを考える人もいるはずだ。

【画像:「Splashtop Streamer」のWindows版とAndroid版、ほか】

 そんなニーズに応えてくれるのが、「リモートデスクトップ」と呼ばれるサービス。このサービスに対応したアプリを使えば、例えば自宅のタブレット端末からネットワーク経由で会社にあるPCのデスクトップにアクセスし、画面を操作したりアプリを使ったりできるのだ。

 タブレットと一緒に使うと便利なツールやサービスをご紹介する本連載の第2回は、このリモートデスクトップサービスの1つ、「Splashtop」をご紹介しよう。

●リモートデスクトップを利用する際の注意点

リモートデスクトップは、セキュリティの観点から利用を許可していない企業も多い。企業ネットワーク内のPCにアクセスする場合は、事前にネットワーク管理者の確認をとっておこう。

●ローカルネットワーク内での接続なら利用は無料

 タブレット端末の画面に自宅や会社のPCの画面を呼び出して遠隔操作するという、ちょっと不思議な体験ができるSplashtop。まずはセットアップの仕方を見ていこう。

 利用に当たっては、アクセス先のPCに「Splashtop Streamer」というソフトをインストールする必要がある。2013年の9月時点ではWindows版、Mac版、Linux(ベータ)版の3種類が公開されており、ハードウェア要件としては、「1.6GHzまたはそれ以上の速さのデュアルコアCPU」「1GバイトのRAM」が求められている。

 なお、外出先のタブレット端末から会社や自宅のPCにリモートアクセスする場合には、アクセス先のPCの電源がオンになっている必要がある。「毎日リモートアクセスするわけじゃないから、普段は電源を切っておきたい」と思うかもしれないが、Splashtopでもその運用はかなり難しい。最初のうちは、諦めたほうが無難だ(厳密に言うと、Wake-on-LANという仕組みを利用すれば、遠隔からの電源操作が可能ではある)。

 一方、アクセス元となるタブレットやスマートフォンには、対応アプリをインストールする必要があるので、App StoreやGoogle Playから「Splashtop Personal」というアプリをダウンロードしておこう。「Splashtop Business」という似た名称のアプリがあるが、そちらは企業向けの別アプリなので間違わないように。

 また、アカウント登録も必須だ。SplashtopのWebサイトから、メールアドレス(IDとして使われる)、パスワードなどを登録したら、このアカウントを使ってアクセス元、アクセス先のそれぞれからログインしてみよう。

 今回はアクセス元のタブレット端末として、「Nexus 7-32T」(2012年モデル)を使ってみた。アクセス先は、自作したデスクトップPC。2012年末に作ったもので、CPUはA10-5700(4コア、3.4GHz)、32Gバイト RAM。これにWindows 8がインストールしてある。ルーターはバッファローの「WZR-D1100H」。インターネット回線はNTT東日本の「Bフレッツ ハイパーファミリータイプ」(光ファイバー)となっている。

 Splashtopをまずはとにかく使ってみたいという場合は、同一ネットワーク上にアクセス先のPCとアクセス元のタブレットが接続している状況で試してみよう。今回の環境であれば、WZR-D1100Hに対し、Nexus 7を無線LAN(Wi-Fi)で、自作PCを有線LANで接続する格好だ。

 アクセス元となるNexus 7でアプリでSplashtopを起動すると、StreamerがインストールされているPCの一覧が表示される。これをタップし、しばし待てば接続は完了。Windows 8のデスクトップがAndroid端末の画面上に表示される。これはなかなか不思議な光景だ。

 7インチクラスのタブレットとリモートデスクトップの相性はかなり良い。というのも、Splashtopでは通常、PC側の画面解像度を一時的に自動で下げるからだ。筆者の環境だと、PCの画面解像度は通常1920×1200ピクセルだが、Splashtopからアクセスしている時だけ1280×768ピクセルに変更される。こうしないと、タブレット側での文字表示が小さすぎて、非常に見にくいからだ。

 スマートフォンからアクセスする場合はどうだろう。スマートフォンの多くは画面サイズが4〜5インチ前後で、同じ1280×768ピクセルの表示でも、相対的に文字サイズが小さくなってしまう。例えば800×600ピクセルなら見やすさは向上するのだが、そうすると今度はWindowsのマルチウインドウ表示がほぼ意味をなさなくなる。

 こういった状況を踏まえると、アクセス元となるスマートフォンやタブレットの画面サイズが大きいほうがいいのは間違いない(端末の携帯性などを考慮すると話は違ってくるが)。

●「NAT越え」問題を気にせず使えるSplashtop

 リモートデスクトップの歴史は相当古い。Windowsでは「リモートデスクトップ」という機能が長らくサポートされ続けているし、その他のOSでもリモートデスクトップ用ソフト、例えば「VNC」を使うことによって、似たような機能を利用できる。

 ただし、自宅のローカルネットワークに接続したPCに、職場内のローカルネットワークや3G回線のモバイル網に接続した端末からリモートアクセスしようとすると、途端に利用設定のハードルが上がる。いわゆる「NAT越え」の問題が起こるからだ。多くの場合、アクセス先となるPCのIPアドレスを固定し、さらにルーター側で「ポート変換」といった設定変更を行わねばならないので、設定の際にIPアドレスに関する基礎知識が必要になる。「スマホのことは分かるけどPCは苦手」という人には、おすすめできないのだ。

 その状況を変えてくれるのが、今回紹介するリモートデスクトップサービスの「Splashtop」だ。有料ながら、NAT越え問題をほぼ意識することなく、スマートフォンやタブレットでリモートアクセスサービスを利用できるのだ。

 Splashtopは、米カリフォルニア州に本社を構えるSplashtopが提供するリモートデスクトップサービス。最近、東京オフィスが開設され、法人向け製品の販売についてソフトバンクBBと代理店契約を結んでいる。

●ドラッグ、キーボードショートカットなどの操作も可能

 ハードウェアとしてのキーボードやマウスを備えていないタブレットから利用するため、Splashtopアプリの操作はすべてタッチパネルで行う。操作モードは「トラックパッド」「ジェスチャ」「Win 8 タッチモード」の3種類から選べる。

 ごく一般的なWindowsアプリをリモート操作したい場合には「トラックパッド」モードがおすすめだ。タッチ画面の上で指を滑らせると、指の動きにマウスカーソルが連動するという、タブレットの画面全体がトラックパッド化したようなイメージだ。このため、デスクトップ上に表示されたアイコンをクリックしても、特に反応はない。あくまでも、マウスカーソルが指している場所をクリックしているに過ぎない。

 左クリックに相当する操作は、画面のどこをタップしても判別され、入力できる。また、画面端に表示されたバーチャルボタンからは右クリックが行える。ウィンドウの移動や範囲指定のためにドラッグしたいときは、バーチャルボタンを長押しすればいい。長押しでドラッグ状態に移行すれば、いったん画面から指を離してもドラッグ状態が継続する。バーチャルボタンの再タップで、ドラッグ状態が解除される。

 ほかにもピンチイン/ピンチアウト操作で、画面の一部をズーム表示できる。アイコンや操作ボタンが密集していても難なく操作が行え、小さな文字を拡大する時にも便利だ。

 文字入力は、基本的にタブレット側の入力システムを使う。筆者の環境では、画面右下のキーボードアイコンをタップすると、Android用のATOKが起動する。iWnn、Google 日本語入力などを使っていれば、当然それらを利用できる。

 また、ソフトウェアキーボードの表示中は、画面上部にさらに「Shift」「Ctrl」「Alt」などのボタンが表示される。これらを組み合わせることで、キーボードショートカットなども利用可能だ。つまり、Windowsがハングアップしても、Ctrl+Alt+Delでの再起動ができてしまう。

 画面の表示速度や入力の遅延については、ほとんど問題を感じなかった。マウスカーソルの移動も非常に自然で、イライラすることはなかった。ローカルネットワーク内でのリモートデスクトップの利用は、実用性が十分に確保されているといえるだろう。

●外出先からの接続には、一定の通信速度が必要に

 外出先や職場内LANなど、異なるネットワークからリモートアクセスする場合でも、基本的な利用感は一緒だ。ただし、アプリ内から「Anywhere Access Pack」という定期購入型サービスに契約しておく必要がある。Androidアプリ経由の課金による価格は月1.99ドルから。割安な年額プランもある。

 まずはNexus 7をauのiPhone 5にWi-Fiでテザリング接続する方法を試してみた。利用したモバイルネットワークはLTE。スピードテストサイトで調べたところ、LTE回線部分の通信速度は下り15Mbps、上り3Mbpsほどだった。

 実際につないでみたところ、驚くほど快適だった。ローカルネットワーク接続との差異がほとんど分からないほどだ。マウスの追従性は十分だし、ダブルクリックが上手く入力できないということもない。これならば、万一に備えてPCの電源をリモートデスクトップのためにオンにしておく価値は十分あるだろう。

 また、いわゆる「NAT越え」問題も、今回は発生していないようだ。「接続失敗」などの表示が出ることもあったが、再度操作し直せば、ほぼ100%接続できた。

 ただし、すべてのモバイル環境で何の問題もなく接続できるかは、検証を重ねる必要があるだろう。極端に旧式のルーターであったり、プライベートIPアドレスを割り振るタイプのプロバイダーなどを使っている場合に果たしてどうなるか。また、企業によってはセキュリティを確保するために利用できる通信サービスを制限している場合もあるだろう。

 ここで、動画や音楽の再生も試してみた。Splashtopでは、PC側のスピーカーに出力されるはずの音声を、リモートアクセス元のタブレット端末で聞くという機能も備えているのだ。

 音楽については途切れ途切れになることもなく、十分な聴取に耐えると言っていい。Windows側でブラウザを立ち上げ、Radiko.jpを10数分聞いてみたが、途切れることもなかった。

 映像については。さすがにHD級(1280×720ピクセル)のMP4動画を見る場合はコマ落ちが発生していたが、その間も音声は何の問題もなく再生された。また、画面に映る人物の口の動きとセリフがずれることもない。腰を据えて映画を見るといった用途には合わないかもしれないが、講演者の発言内容を確認する程度なら十分だ。

 ただし、外出先からのリモートアクセスについては、回線速度が大きく影響するようだ。今回の検証に使ったNexus 7は3G接続にも対応したモデルだ(LTEは非対応)。これに低価格MVNOのSIMカードを装着し、テザリングせず直接インターネットに接続する方法でもSplashtopを試してみた。

 この3G接続時の通信速度は、スピードテストサイトでのチェックによると、下り3Mbps、上り0.01Mbps。さすがにこのスピードではまともに動かないようだ。マウスカーソルを操作する以前に、「アプリが反応していません」とエラーメッセージがでるほどで、とても使える状態ではない。

 もう少しいろいろな通信速度で試さなければ結論を出すことはできないが、LTEやテザリングなどといった回線形態には関係なく、アクセス元(外出先のタブレットなど)からアクセス先端末(自宅のPCなど)間の通信速度こそが、Splashtopを快適に使う上で重要なのだろう。下り速度だけでなく、操作内容を伝送する以上は上り速度も関わってくるはずだ。

●データはクラウドに、OS依存ソフトはSplashtopでリモート操作

 以上、Splashtopの利用感を見てきた。筆者は本稿の執筆前から、個人的にSplashtopを使っていたので、ローカルネットワーク内での操作が快適であることは予測の範囲内だった。しかしLTEテザリングを絡めたリモートアクセスが十分実用的だった点には心底驚いた。

 一方で、時代の変化に伴ってリモートデスクトップに求められる機能が変わってきているとも思う。特に、データファイルの扱いだ。動画や音声はともかく、小容量の文書ファイルはローカルPCに保存しておくよりクラウド(オンラインストレージ)にアップロードしておいたほうが何かと便利だ。そもそも、リモートデスクトップに備えてPCの電源をいれっぱなしにしておく手間も減らせる。

 今後のリモートデスクトップは、「そのプラットフォーム(OS)でしか動かないソフトをリモート操作する」という用途にシフトしていくのではないだろうか。それは例えば、企業内の在庫管理・発注用システムのクライアントとして利用するような使い方だ。近年ではブラウザベースのシステムが増え、OS依存のシステムは減っていると思うが、それでもまだWindowsでしか動作しないものはあるはず。これらのシステムをモバイル環境で利用するためには、リモートデスクトップが役立つだろう。

 要望を挙げるとすると、まずはなんといっても日本語サポートの充実だ。アプリや公式サイトの主要な部分は日本語化されているが、サポート情報はほぼ英語のままなので、早急な対応を望みたい。

 また、課金前に体験する手段が皆無なので、Anywhere Access Packの無料試用キャンペーンなども積極的に実施してほしいと思う。一度使ってみれば、これを便利と感じる人は多いはずだ。

[森田秀一,Business Media 誠]
(この記事は経済総合(誠 Biz.ID)から引用させて頂きました)



インターネットをもっと快適に


フレッツ光ファイバーのキャンペーン情報



パソコン初心者におススメ。使い方ブログ。


ぱそチョコ


パソコンで役立つクチコミ情報


パソコンのクチコミ情報